ヒゲが濃い人は薄毛になりやすいのでしょうか?

体毛の濃い人は薄毛を発症しやすいという意見があり、「ヒゲが濃い人は薄毛になる」と考えている人の数も多いようです。それでは実際にはヒゲの濃さと薄毛の発症の間には関係があるのでしょうか。今回はヒゲと薄毛の関連性について詳しく解説しますので、ヒゲが濃くて薄毛が心配だという人は参考にしてみてください。

男性型脱毛症(ADA)の発症には男性ホルモンが関連しています

ヒゲが生えることには男性ホルモンの影響が関連しています。男性であっても子供の時期にはヒゲは生えません。これは子供には男性ホルモンが少ないことが理由となっているのです。しかし子供の時期を過ぎて思春期を迎えると男性の体内では男性ホルモンが盛んに分泌されるようになります。そのため中学生から高校生の時期になると男性には自然にヒゲが生えるようになるのです。

 

ジヒドロテストステロンが男性型脱毛症の原因物質です

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンが原因で発症します。男性の体内には男性ホルモンの一種であるテストステロンという成分があるのですが、これが5α-リダクターゼという酵素と結びつくことによりジヒドロテストステロンという成分に変性してしまうのです。この成分が髪の健康な成長を阻害するため男性型脱毛症を発症してしまうことになります。

 

このように男性型脱毛症の発症には男性ホルモンが関連しています。女性は男性型脱毛症を発症しないのですが、これは女性には男性ホルモンが少ないことが理由となっているのです。ただし男性ホルモンが多いからといって必ずしも男性型脱毛症を発症するわけではありません。男性型脱毛症の発症のしやすさについては男性ホルモン以外の別の物質が関連しているのです。

 

ヒゲの濃さと薄毛の発症は無関係です

男性の場合には常に体内には一定量の男性ホルモンが存在しています。ヒゲが濃い人の場合には男性ホルモンの量も多いことが考えられるのですが、男性ホルモンの量が多いからといって男性型脱毛症を発症しやすいというわけではないのです。男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの発生については男性ホルモンの一種であるテストステロンよりも、それと結びつく酵素である5α-リダクターゼの性質が大きく影響しているのです。

 

遺伝的な影響により5α-リダクターゼがテストステロンと結合しやすい体質の人とそうでない人とが存在するのです。5α-リダクターゼの活性度が高い人の場合には男性型脱毛症を発症しやすくなりますし、活性度が低ければ発症しにくいということになります。ですからヒゲの濃さと薄毛の間には直接の関連は認められないということになります。

おすすめ育毛剤薬用ポリピュアEX

育毛剤ポリピュア


価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\7,800 (120ml) 育毛剤 5つ星

全額返金保証の今がチャンス

ポリピュアの公式サイトへ