筋トレを行うことと薄毛の発症には関連があるのでしょうか?

筋トレが原因で薄毛になると考えている人が多いようなのですが、実際には筋トレに取り組んでも薄毛は発症しませんので気にする必要はないのです。今回は筋トレが薄毛とは無関係である理由について解説します。

 

なぜ筋トレを行うと薄毛になると考えられているのでしょうか

これについてははっきりとした理由はありません。何となくそのようなイメージが広まっているのです。筋トレに取り組んでいる人は筋肉が発達していますので男性的なイメージがあります。男性型脱毛症を発症する原因は男性ホルモンだとされているため、筋トレをすると男性ホルモンの活動が活発化して薄毛になるのではないかと考える人が多いようです。

 

筋トレと薄毛の間に関連性はありません

  • 筋トレに取り組んでも男性ホルモンが増加するわけではありません

ホルモンのバランスについてはそれほど単純なものではありませんので、筋トレに取り組んだ程度で男性ホルモンが増加することはありません。ただし過剰なダイエットなどを行った場合などにはホルモンのバランスが崩れる場合もありますので注意が必要です。人体のホルモンのバランスはそれほど簡単に崩れるものではありませんが、食事量の極端な不足など生命の維持に問題が発生するような場合にはホルモンバランスが崩れてしまうこともあるかもしれません。必要な栄養分をしっかりと摂取することを心がければ男性ホルモンに影響することはありませんので、安心して筋トレに取り組んでみてください。

 

5α-リダクターゼの働きが男性型脱毛症の発症には関連しています

仮に男性ホルモンが増加した場合であってもそれが直接男性型脱毛症の発症の原因となるわけではありません。男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びつくことにより発生します。ですから男性ホルモン(テストステロン)が男性型脱毛症の発症の原因であるともいえるのですが、実はジヒドロテストステロンの発生に関しては5α-リダクターゼの働きが大きく関連しているのです。

 

5α-リダクターゼの活性度が高いとジヒドロテストステロンを生じやすくなり、活性度が低ければジヒドロテストステロンは生じにくくなります。5α-リダクターゼの活性度には個人差がありその性質は遺伝によって決まるとされていますので、男性ホルモン(テストステロン)の量と男性型脱毛症の発症とは関連しないのです。

 

女性に男性ホルモンを投与すると男性型脱毛症を発症することがあります

最近では行われなくなりましたが、以前はスポーツの世界などで女性選手に男性ホルモンを投与することが盛んに行われていました。もともと女性の体内には男性ホルモンは少量しか存在しませんので自然な状態であれば男性型脱毛症を発症することはないのです。しかし人工的な処置により女性に男性ホルモンを投与したことで男性型脱毛症を発症したという事例が数多く報告されています。このことは男性型脱毛症の発生には性差ではなく遺伝子が関与していることを示しているのです。

おすすめ育毛剤薬用ポリピュアEX

育毛剤ポリピュア


価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\7,800 (120ml) 育毛剤 5つ星

全額返金保証の今がチャンス

ポリピュアの公式サイトへ